事業計画書

「事業計画書」とは、思い描いている事業を、どのようにして実現させていのくかを書き表したものです。事業計画書は、金融機関や、事業に協力してくれる人へ説明する際にも必要となります。また、説明する機会がなくても、本当に自分の始める事業が実現できるのかを、よく確認するという目的で、事業計画書を作成することは、とても意味のあるものなのです。

何度も事業計画書を書き直すことで、本当に自分がやりたいと思っていることや、事業を成功させる見込みがあるかが、はっきりと見えてきます。それでは、事業計画書の作り方を紹介します。

1、事業の全体の構想を考えます。事業は、どんな目的で、どんなことをやりたいかを、明確にさせます。事業に対して、どんな考え方をもっているのか、どれだけ熱意があるのかを説明し、将来のことを見据えた事業展開を示します。

これから始めようとする事業の市場規模や将来的な見込み、事業を取り巻いている環境などを調査して、事業内容の根拠とします。

2、事業の具体的な内容を示します。提供していく商品やサービス、技術にどんな特徴があるか、また、その提供方法はどのようにするのか、そして、どれだけ対象としている顧客の需要に合っているのかを、明確に説明してください。

3、資金計画を立てましょう。借入に関しては、必ず希望通りに資金調達を行えるとは言えません。リースを活用したり、中古の設備を導入したりした場合など、さまざまな状況を考慮しておくと、万一のときに冷静な判断ができるでしょう。

4、収支計画を立てましょう。創業した当初と、事業が順調に進み出してからの収支予測を立ててください。



会社設立をサポート|名古屋市中村区
税理士法人エスペランサが、あなたの新しいステージをきめ細やかにサポートいたします。
http://esp-z.com/

名古屋のチラシデザイン会社
最低限のお金で新規顧客を獲得するためのチラシのデザインを提案します。名古屋のポップコーンデザイン。